防カビコーティング
住居内の水まわりや収納内部など、カビの感触しやすい場所に施すコーティング。カビの繁殖を防ぎ、空気中の胞子や微生物を激滅させることで、ガンやアレルギー、感染症などの危険から家族を守ります。

抗菌滅菌処理コーティング


カビを遮断し、感染症やアレルギーの原因となる空気中の胞子、微生物を激滅させます。また、阻止帯(プロテクト)を出すので、長期間安定した効果が持続。
防カビコーティングの選ばれる理由
point水廻りのカビが気になる
point収納・クローゼット内のカビが気になる
point和室の畳のカビが気になる
point衛生面・健康面が気になる
こんな場所に?
point浴室/タイル目地、ゴムパッキン、浴槽エプロン内部、排水溝など
point洗面室/脱衣場、クロス、洗濯機まわり、ゴムパッキンなど
pointトイレ/クロス、水槽タンクまわりなど
pointキッチン/クロス、シンク下収納など
point収納/押し入れ、クローゼット、下駄箱などのベニヤボードなど
防カビコーティングの施行の様子
排水溝や排水口、タイルの目地や風呂釜の内側など、見えない場所でも、
カビの繁殖が考えられる場所をくまなく丁寧にコーティング。

▲隅々まで丁寧に作業
防カビコーティングの特徴
浸透性に優れ、酸やアルカリ、熱や有機溶剤に強く分解されないの、安定して効果が長持ち。日常生活の中に存在する(現在確認さえているもの)全てのカビに対して効果があります。また、耐性菌ができにくい点も特徴です。
防カビコーティングの安全性
(財)日本食品分析センター、(財)科学技術戦略推進機構によって、高い安全性が確認されている防カビコートを使用しています。ホルムアルデヒドを、一切使用していません。また、労安法やPRTR法に於ける916物質も一切使用していません。アトピーやアレルギー、化学物質に敏感な方、お子さまやお年寄りの方がお住まいのご家庭でも、安心してお使いいただけるコーティングです。
防カビコーティング効果検証実験
食品実験
無添加の食パンを防カビコートでコーティング。30日後の実験結果をご覧下さい。
カビに潜む危険
カビの繁殖
家の中で発生するカビは、約60種と言われています。このほとんどのカビは、湿気が大好き。しかも、室温20℃&湿度60%を超えると、活動が活性化し、空気中にカビの胞子を撒き散らし始め、空気の対流していない場所に胞子が根づき繁殖します。
カビの危険性
発がん性物質のカビは、同時にアレルギーや感染症を引き起こす危険因子でもあります。人は、カビの臭いを不快に感じます。これは、人間が持つ本能的な危険察知能力による明らかな危険信号。つまり、人体にとってカビが、いかに危険なものであるかを証明しているのです。
食品実験
カビが発生した場合は、早急な対策が必要ですが、一度繁殖してしまったら完全に除去するのはたいへん。とても大掛かりな作業となるでしょう。そこで、最初が肝心。まずは、防カビコートでカビの付着を防ぐことが大切です。